スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢主義を読んで マスコミに洗脳されたいために~その1

こんばんは。ロマーナです。

9月になってから、食品偽装・相撲の大麻問題・総理辞任・girl next doorデビュー
などこの日記に書きたいニュースがたくさん登場してきました。

しかし、安易にメディアだけの情報で勝手にいろいろ述べていいのだろうか
という考えがでてきました。

ということで、今回からそのニュースに関連する本や人物にスポットを
あててマスコミに洗脳されない知識づくりのスタンスにしました。

第1弾は、「総理辞任」です。
最近、福田総理が総理を辞任して世間を騒がせました。
ちなみに、福田さんは自民党です。自民党といえば、今は民主党に属する
小沢さんがかつて所属していました。

ということで、今回は、「小沢一郎さんを大まかに知ろう」
マスコミでは、あまりいい印象がない小沢さん
いったいどんな人なのかって気になりませんか。

図書館に行って、小沢主義という本を見つけた。
小沢主義 志を持て、日本人小沢主義 志を持て、日本人
(2006/09/01)
小沢 一郎

商品詳細を見る


この本は、
選挙・政治・リーダー論・外交・教育について
小沢さんがどういうことを考えているか述べている本でございます。

特に、印象に残った部分を紹介(本より引用)
「いい政治家を育てるのは国民自身なのだ。」
「棄権をするのは白紙委任状を出すのと同じこと」
 小沢一郎は、民主主義が本当の意味で成熟し切っていないと述べています。
要するに、政治に意見がある人は、その同じ考えの議員に投票するか
もしいないのであれば、自分で立候補するべきだと述べています。

選挙を棄権する人に、政治を批判すべき権利はないと述べています。

確かに、その通りだと思います。
なんだかんだ批判が上がっている議員も、結局は国民が投票した結果です。
いろいろ、景気が悪い。これは、自民党が悪いといっているが、
それは、国民が自民党に任せた結果です。

「格差、格差。」と騒いでいて、それは、「自民党のせいだ。」といわれている。
確かに、それはそうだ。でも、自民党に任せているのは、国民の投票結果なのだ。

今後、解散総選挙が起きるのではないかといわれています。
今後の日本の未来のためには、選挙にいくしかないなと思いました。
たかが一票と思わずに、重みのある一票と思えば・・・・

(別に、僕は、自民党総批判のためにこの文章を書いているわけではない。)

次回も、小沢さんの本紹介です。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール

DNA まちづくり事業

Author:DNA まちづくり事業
まちづくり事業は、
若者社会活動支援NPO法人 Design Net-works Association <DNA>
の事業の一つです。
個性豊かなメンバーが集って活動しています♪

管理人/9割の書き込み担当 ロマーナ
テンプレートデザイン/イラスト みずのせんせい

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ロマーナのイチオシ
Web制作
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。